高校駅伝

何もすることがないので、うちの大掃除をしながらテレビで高校駅伝を見ていた。

男女ともにけっこう面白いレース展開で飽きなかった。例年都大路でヘロっていた埼玉栄が今年は両方とも入賞で驚いた。
今回は予想以上に世羅がずっと優勝争いに絡んでいて驚いた。ケニアン留学生のパワーもあるだろうけど、そのリードを保って粘る力はすごいな、と思う。でも見ていておもうところは、やっぱり1区とか3、4区といった長い距離の重要区間の出来が大きく左右するのを痛感する。しかし、今年のような終盤にもつれる優勝争いでは後半の5~7区のちょっとした差が大きく響くのだから、どの区間でも必死だ。そういう意味で、今年3連覇を達成した仙台育英は強いんだと思う。

なんて一丁前に評してしまったが、いかんせんこういう駅伝を見るとどうしても血が騒ぐのである。モチベーションを上げたところで、これからjogしに行ってきます。
[PR]

by steeplechaser | 2005-12-25 14:38 | りくじょ  

<< 甲府珍道中 メリーハシリマス >>