学生に戻った日

月曜日は昼前からずっと学校にいました。

COEと部活がメインだったけど、食堂やキャンパスといった学生のゆき交う場所をうろついていると学生に戻りたい衝動にかられた。COEは自分がいたころと大差なく、なんだかほっとした。ちなみに自分の席が本当に空いていてびっくり。いつでも帰ってきてもいいよ、とそこの人に言われた。
ここでの仕事は今の仕事よりもはるかにやりやすいので、ぜひまた復帰したい場所なのである。

どうやら今週末の国際会議の準備でけっこう慌ただしそうであった。R教授とも会い、元気にやってますとご報告。ついでにその国際会議で資料として配るらしいスピーチの内容をタイプする仕事をちょろっと手伝ってみた。こういう仕事もなつかしいものである。

そして、5ヶ月ぶりの部活参加。1年生とは当然初対面なわけで、、、とりあえず普通に話は出来てよかった。俺まだそこまで荒んでいないらしい。んで、外周のコースが全部回れるようになったことに驚き、部活の平均年齢も若いなぁ、と実感し、自分の体力の衰えを十二分に感じ取れた。

何を思ったか、1000mを1本やってみた。
記録、、、3'22"。

けっこうまじめでしたが、もうここまで堕ちたみたいです。でも不思議と凹み具合は小さかった。

それはそれでいいとして、部活後に多少いたメンバーで飲みにいくことになった。やっぱり学生同士で飲んで語らえるってのが素晴らしい。そして数名は勢いでカラオケに突入。4時くらいまでいたんだっけなぁ。

なわけでそのまま甲府に戻り、いつものストレスフルな仕事を再開。電車の睡眠と1時間少しの睡眠だけでの状態だったので、仕事後ソファで2時間ほど死んだように眠っておりました。でもCOEや部活の人々と会って、いろいろと話を出来たので、今日死んでても悔いなどない。

ま、今日はぐっすり眠って回復させましょ
[PR]

by steeplechaser | 2006-07-25 20:55 | weblog  

<< 他社からの指摘 つかの間の休息 >>