国公立戦

天気予報のとおり思いっきり晴れてめっさ暑い中、中長勢にとっては記録を狙いにくい日であった。
憂鬱になりながら5000mに出場。勢いだけでエントリーしてしまったことを今さらながら後悔。
1年前の今頃は45℃以上の世界で生きていたからなんとかなるかなぁ、とか思いつつも、やはり無事に完走できるか正直不安であった。

3'15"6-6'37"2(3'21")-10'06"2(3'29")-13'44"8(3'38")
-17'20"25

…実は大学ワースト記録だったり。

スタート後に集団の後ろでとっとこ走っていたら、前で接触、転倒があり、間一髪のところで巻き込まれずにすんだ。そんな集団のレースであり、ペースもスローな展開。そんなスローなペースにも関わらず2000m手前でずるずると脱落していった自分の走力の堕ちっぷりに走りながら凹んだ。そして3000mを10分超えて通過したあたりから、こいつはダメだと、もはやただのペース走。前にも後ろにも選手がいない1人旅だったので、応援の声がよく聞こえるのにカラダはそれに応えられない。

17分はかけまいと思っていただけに、実は相応のショックを受けているわけで、こんな調子で1ヵ月後の13大戦をまともに走れるのだろうか?という不安も大きくなるばかり。

さて、これからどうしよっか。


夜は、久しぶりにつぶれました。
そして今日も二日酔い。
面目ない
[PR]

by steeplechaser | 2007-05-27 15:50 | りくじょ  

<< 生存確認 復帰中 >>