旅日記・完

旅日記完結編

最後はデュッセからオランダに戻り、アムスに拠点を移した。

とりあえず…と親からのお買い物、Douwe Egbertのコーヒーを仕入れるため、市内のスーパーへ。
10年前とパッケージが変わっているということで、親の言葉を頼りに目的のブツを探し出す。にしても、10箱ってなかなかの量だこと。おかげで、かばんの中にコーヒーのいい香りがほのかに香ることに。これで麻薬犬の鼻も…ていかがわしいものをごまかすためではないのであしからず。
その日、ダム広場では、なにやらイベントが。かの為末が東京駅前で陸上のイベントをやっていたように、ここでも棒高跳びのイベントが。選手もけっこうマジで5m30とか跳んでた。間近でこんな面白いものを見られるとは驚きである。


翌日、相方の指令でミッフィーの生まれ故郷こと、Utrechtまで遠出。アムスにとどまっていてもしょうがないのでそれはそれでいいんだが。Utrechtの町中にミッフィーにまつわるものがあり、ミッフィーの像やら信号機やらにびっくり。へぇーとしか言いようがない。
その後、Dick Bruna huisといういわば、ミッフィーの家でこれでもかというほどのミッフィー関連のものがあり、そのほか、Bruna氏のほかのイラストも多数展示してあった。あんまりミッフィーになじみのないワタシでもけっこう面白いなぁ、と思ったのだから、ミッフィーファンは泣いて喜ぶことであろう。

帰りは、行きと同じくロンドン経由。
機内でスパイダーマン3をたまたま放映してたので、字幕抜きを強いられたものの、映画そのものは面白く見させてもらい、特に大きなトラブルもなく日本帰国。

帰国早々、日本の暑さにげんなりしたものの、ここ数日のジョグで少しずつ慣れつつあるところ。でもやっぱ暑いね。

次ヨーロッパへいけるのはいつになるかわからんけど、きっといつかまた行きたいものである。



たまたまオランダっぽいスキンを見つけたので、しばらくこのスキンにしてみようと思います。
[PR]

by steeplechaser | 2007-08-13 21:30 | weblog  

<< 2年ぶりの1500m 旅日記・その3 デュッセ編 >>