実録・東京マラソン

17日、東京マラソンに出場してきました。
無論フルマラソン。

というわけで、レース模様などを回想していこうかと。
最初に断っておきますが、長文です。

とりあえずスプリットはこちら。

   通過  ラップ
5km 00:21:15
10km 00:42:43 0:21:28
15km 01:02:58 0:20:15
20km 01:23:19 0:20:21
25km 01:43:35 0:20:16
30km 02:04:45 0:21:10
35km 02:27:56 0:23:11
40km 02:54:07 0:26:11
Goal 03:06:17 0:12:10

スタートで30秒くらいロスしたので、マイナス30秒すると正式タイムになるかも。

-------------------------------------------------------------------------------------

3時半起床。
4時すぎに起きるつもりがこの時間。でも寝坊よりも100倍マシ。

5時半始発電車で出発。
新宿に近づくにつれて、マラソン出場と思しき人が増えてきた。

7時会場入り。
まるで人がゴミのようだ、と言わんばかりの人の多さにげんなり。
トイレ渋滞も深刻である。

スタート45分前
荷物を預け、スタートラインへ。そんな早くから並びだしたのでとにかく寒い寒い。アップのジョグもしなくてある意味正解だった。
ふと、お隣電通大のA氏と偶然出会い、スタートまで時間をつぶす。
スタートイベントの国歌斉唱でテンションを上げまくり、いざ出陣。

最初の5キロくらいは人を掻き分けて進むのに精一杯。
スタート前からずっとトイレに行きたかったので、8キロ付近でトイレに立ち寄り、気持ちも落ち着けた

……つもりだったが、そんな簡単に落ち着くわけもなく、足が勝手にキロ4'05"前後モードに。こうなった以上、足が動く限り進んでやろうじゃないか。そんなこんなで中間点までは安定感抜群のペース走。

20キロを過ぎ
来春から働く予定の会社のオフィス下をひた走り、中間点の通過は87分少々。
「このままいったらサブ3もいけんじゃね?」
という欲が出てしまった。まともに練習してないやつが何を勘違いしてるんだ!
人間欲深くなってはいけないものである。


27キロ手前、足裏にマメの予感。
ついに き た か。
同じ歩調で進めなくなったのでややペースダウン。それでも30キロまでは4'10"ちょいで進んでいるのだからましなほうだろう。

32キロ
ようやくバナナに手を出し、空腹を紛らわす。バナナは走りながらでも食べやすいようにできているんだねぇ。て、そんなことに感心している自分もどーかと思う。そしてオフィス下をもう一度通過し、2年前ガス欠を起こした33キロをなんとか通過。このころには4'30"まで落ちてるけど、それよりも前回の失敗は二度は繰り返すまい、と集中を切らさないように言い聞かせることに専念。

35キロ
マメの痛みよりも両腿の動きがいよいよ鈍くなり、やむなくキロ5ペースへ。「今回は絶対に止まってなるもんか」、とだけ頭の中でループ。ちなみに、ここで残りの7.2kmを33分でカバーするとサブ3。33キロあたりでサブ3集団からずるずると離れてしまったが、あそこでついていける人がサブ3なんだなぁ、と今さらながら思ってしまう。
ま、そこがサブ3の壁ということなのだろう。


39キロ、両腿痙攣寸前。
練習不足だってのに、精神だけは現役のままという一番タチの悪い状態でここまできた報いってやつが来た模様。

でも止まれない。止まってはいけない。ダメ、絶対。

ここまでいくと、どうみても精神に障害をきたしているとしか思えない。しかし、それでもそうやって自分に言い聞かせて極限まで追い込むのが「イケシュン・スタイル」。笑
これをドMととるか、ストイックの意味でドSととるかは、想像に任せることにしよう。

時々聞こえた「G大がんばれ」の声にどんだけ励まされたことか…
サングラスごしにでもそんだけ苦しい表情をしてたんだろうね、きっと。


残り1キロ
時計に目をやって3時間を確認。記録にこだわる必要がなくなった。あとは自分のマラソンを全うするだけ。
サングラスをはずし、周りの景色を目に焼きつけつつフィニッシュ!!
ゴールでガッツポーズでもとってやろうかとも考えたけど、微妙にサブ3を逃したという微妙なガッツポーズでゴール。

-----------------------------------------------------------------------------------

なんというか、あっという間に終わったような長かったような42.195kmだった。苦しんだ記憶よりも、沿道の応援を感じ取ったり景色を楽しんだりした記憶のほうが強く、十二分に楽しんで走れたと自己満足。


サブ3への挑戦はいつかまたの機会ということで…

これで学生としてのレースは終了し、一区切り。しばらく「走り」からは離れて簿記と研修と国外逃亡をしようと思います。
社会人になって落ち着いたらまた何か運動したいものです。
[PR]

by steeplechaser | 2008-02-18 21:46 | りくじょ  

卒論提出 >>