カテゴリ:インドのこと( 35 )

 

memo

インドの本を整理中

Secularism in Historical Perspective
Communalism, Civil society and the State Reflections on a Decade of turbulance
National integration in India
The problems of Indian Society
Religion and Caste Politics
The India we want to build (2 vol.)
The construction of Communalism in Colonial North India
Communal rage in Secular India
The Assault on History / Press reportage editorials and articles
The Widening Divide, an insight into Hindu-Muslim relations
Christianity's Scramble for India and the failure of the 'Secularism' elite
Annihilation of Caste
Committee on the Welfare of scheduled castes and scheduled tribes(2004-2005)
Religion and Society, Communalism
Capabilities, freedom and equality / Amartya Sen's work from a gender perspective
Rabindranath Tagore
Secularism and its critics
The Argumentative Indian
The Sacred and the Secular
Contemporary India transitions
Secularism, Communalism and the Intellectuals
Secularism, Islam and Modernity
Resources, Values and Development
Commodities and Capabilities
On Ethics and Economics
Identities and Rights
Living with Secularism
Poverty and Famines
Hunger and Public action
India: Economic Development and Social Opportunity
Rationality and Freedom
Development as Freedom
On Economic inequality
Choice, Welfare and Measurement
Inequalitu Reexaminned
India Development and Participation
India Economic Development and Social Opprtunity

計37冊所持也
[PR]

by steeplechaser | 2007-03-25 02:23 | インドのこと  

黄昏三景

実家の回線じゃ写真アップできないので、今更ながら…
インドの黄昏写真をアップしました。
というわけで下をクリック。

ここをクリック
[PR]

by steeplechaser | 2006-10-28 12:03 | インドのこと  

インドから最終回

前略

いよいよ今日の夕方インドを発ちます。
これまでの7ヶ月ちょい、長かったと思うときもあれば、ダッシュで過ぎた7ヶ月でもあった。途中で日本に出張という無茶もし、ジョブチェンジもしたり、とこれまでのどれよりも激しく、充実(?)した7ヶ月であった。
でもこれ以上インドの世界にどっぷりつかると、いよいよ日本の社会に適応できなくなりそうなので…

と、昨日は夕方からインド風邪が悪化し、1人宿の部屋で高熱にうなされておりました。

咳をしても一人…

まさにそんな状況。
くそぅ、ジャイプルにいる間だったらいろいろと物資があったのに、もう病気などないだろう、といろんな人に冷えピタとかポカリの粉などを分配したあとなので、手元にはバファリンしかなかった。それでも、バファリン×3発と持ち前の気合で、今朝なんとか回復。あとは飛行機に乗るだけなので、なんとかなるでしょう。検疫が少々怖いけど、笑顔で「今はもう回復してます」とさえ言えば余裕。
帰国寸前までネタが尽きないなぁ…
そんなムチャクチャなインドの生活ともおさらば。日本に帰ったらまず何をしよう…もはや考える必要もないか。

とりあえず日本に「無事」帰国できたら更新します。

草々
[PR]

by steeplechaser | 2006-10-10 14:15 | インドのこと  

Trainee dinner in Delhi

昨晩はデリーの日本人トレイニーに呼びかけて、トレイニーディナーなるものを敢行。参加者は自分含めて合計6人。 場所はコンノートのZENという中華らしい中華料理店。思えばインドで初めてまともな中華を食したかも。

デリーはジャイプルよりも断然広いので、トレイニーが集まる機会がなかなかないようで…それでもトータルではジャイプルにひけをとらないトレイニーの数らしい。

デリーの人々の話を聞いてて、ジャイプルとはぜんぜん違ってバラエティに富んだ研修をしている人が多いな、って印象。特に日系企業の進出がデリーに多いので、そこと絡む仕事が多いようだ。ある意味うらやましい。
ちょっとビックリしたことに、どういうわけか、デリーに住んでいない自分のほうが、デリーの事情に詳しかったり。本屋街とかOld Delhiの街には外国人はあんまり行かないしなぁ。そんなローカルなとこを好んで行く私はトレイニーの中でも変わり者。

そしてZENの店員が伝票にも書いてないサービス料をせびり、「ったく…」
と破れかかったRs.20だけはさんだら、その場で額を見て少々不機嫌。「そこで見るなよ」とさっさと奥に追いやってしまった。こんな風にどんどんずうずうしくなっている自分。もうすぐ日本だし、そろそろ自重しないとなぁ。
その仕返しか(笑)「早く出ろ」といわんばかりにせきたてるので、しぶしぶ次なる場所へ。近くのMadras Cafeでまた雑談。

そして、10時半過ぎにリクシャーに乗る人々を見送り、終了。リクシャーとの交渉で例のごとく反論の余地を与えない勢いで(もちHindiで)せきたててたら、やはりというべきか、「こんな光景見たことない」という表情の3人。
もはやこれも一種の一芸。笑

日本でもぜひインド飲みに加わりたい、という思いが一層強まった昨晩であった。
[PR]

by steeplechaser | 2006-10-08 13:19 | インドのこと  

猟書

本屋めぐりも3日目。
今日は本屋街とも言うべき、Old DelhiのAnsari Rd.周辺を捜索。日本からの情報で、そこのManoharという本屋を進められたので、まずはそこへ行くことに。

蔵書多!!

と、そこで1時間以上本を探しまくり、選別し、計11冊購入。「だから俺はこんだけ読むのか?」というつっこみを自分に入れるもう1人の自分がそこにいたり。
そこのおっちゃんは本をなかなか送ってくれない、という情報をもとに、持ち帰ることにしたので、本を抱えつつ次なる場所へ。

そこの近くの(徒歩15分くらい)Hindi book centreでちょちょいとマーナク(辞書)をゲットし、その後さらにArya Samajのオフィス(徒歩15分)へと押しかけ、デリーに留学している日本のHindi語専攻の学生だ、とウソついて、そこの機関誌3,40号分くらいをごっそりゲット。
今日は、11冊+辞書+機関誌ごっそりという大猟(笑)

相当アクティブに動きまくったので、さすがに疲れた。

今の私は旅行者でもなく、トレイニーでもなく、学生でもなく、、、
COEという研究組織の手先です。笑
[PR]

by steeplechaser | 2006-10-06 21:41 | インドのこと  

収穫♪


資料収集も本気モード。
今日はグルガオンにあるPrabhu book seiviceまで遠出。といっても、車で1時間半もかからないところにあるので、別に遠出ってほどでもないのだが…
そこにたどりつくまで狭いBazaarの道をくねくねと。ちょっとどころではなくわかりづらい道なので、こりゃ自力ではたどり着けない。

そして着いてみると、そこはF先生の研究室を思わせるような本の山。その中から次々と希望の関連の本を引っ張り出してくれた。その数、50冊は軽く超えてたと思う。とにかく何か関連がありそうなものを…と目次を見て、ちょろっとページをめくり、選別。

今日は合計16冊購入。船便代こみでRs.3800。昨日に引き続きけっこう大きい買い物してるなぁ。果たして1年半でちゃんと読めるのか…?

そこのおっちゃんにF先生のゼミ生だ、と言ったらとたんに表情が変わった。さすが一番のバイヤーのF先生。そして、おっちゃんはおもむろに古書を取り出しては見せてくれ、
17世紀に書かれた本…Rs.50万、というすごい本まで見せてくれた。以前4カラットでRs.70万というサファイアを見てびびったが、この本もそれに引けをとらぬ存在感。よくぞ400年も保存されてたこと、とただ感心してしまった。

今日までで収穫は20冊前後。まずまずの出来だろう。
明日はOld Delhiの本屋を集中攻撃。俄然やる気出てきた。
[PR]

by steeplechaser | 2006-10-05 23:02 | インドのこと  

デリー奔走

昨日は21時過ぎに無事デリーの空港に着き、プリペイドタクシーで無難に宿にたどり着きました。
この宿が最後の居城。ここ1週間まともなシャワーを浴びていない(=バケツでガンバル)ので、ちゃんとシャワーが出るこの宿は素敵。
1週間の滞在とあって、割引してくれた!

Yes!!宿代ちょっと浮いた!

さて、いよいよ資料の捜索。
とりあえずデリー市内の本屋を攻める前に…最近機能しないケータイの処理から。予想外に時間を食ってしまった。が、これもしょうがない。一応デリーでも連絡を取る必要があるし。

そして、換金をして…と思ってたのだがコロッと忘れ、所持金Rs.2500で行く羽目に。一気にいろいろとやろうとするから、こうやって物忘れをするってのに…

そして、南まで下がり、そこにはないとわかると、少し戻ってKhan Marketの本屋を捜索。そこで7冊も見つけた。3冊くらいHindiの本だった。Hindi版のセン教授の論文もやっぱあるのね。
でもお金が少し足りなかった…無念。

今日の収穫は3冊のみ。明日はグルガオンの出版社へ押しかけ…できるといいけれど。
[PR]

by steeplechaser | 2006-10-04 20:19 | インドのこと  

いざデリーへ!

今日の夕方いよいよチェンナイを発ち、デリーへと向かいます。
今朝は、ちょっとだけ観光客気分で、博物館とか行ってみたけど、やっぱりというべきか、面白味など皆無。あんな野暮ったいものでRs.250は反則だって・・・。インド人はRs.15なのに・・・と、いまだにインド人料金と外国人料金の区別があることが許せない。

気分直しに近くのコーヒーショップへと足を運び、おいしいインドコーヒーを堪能。濃いエスプレッソもこの地のものならOK。実は南を旅行中日に3回以上はコーヒーを飲んでいるわけで、半ば中毒気味。でも北に戻ったらまたチャーイを飲む生活に戻りますよ。

今回のデリー滞在は1週間。その間に、

1、卒論資料収集、発送
2、日系商社訪問(予定)
3、デリーのトレイニーとの会合
4、その他買い物多数
5、帰国準備

とやることは目白押し。また1の資料収集で最低4ヶ所は本屋を回るわけで・・・もはや観光する気はゼロ。そしてスーツケースの重量とも相談して取捨選択もせねばならぬ。

とりあえずは、デリーの空港に着いてからの戦闘が待っているので・・・気を引き締めてかかろう。ちなみに1週間髭をそらずにいるので、今の自分の格好は「ヒッピー崩れ」そのもの。こんな怪しい日本人をカモろうとするリクシャーたちもいい度胸だ。笑
[PR]

by steeplechaser | 2006-10-03 15:52 | インドのこと  

ケーララ3日目・水郷地帯の巻

昨日は、朝からバックウォーター(水郷地帯)を8時間クルージング。そこはインドの喧騒とはほど遠く、非常にゆったりとした時間を過ごせた。Rs.300でこれだけの時間を過ごせるのだからありがたい。
周りはやしの木や、雑木林、はたまた伝統漁業の網もたくさんあり、そこを行き交う人々の表情もとても穏やか。ケーララが豊かな証拠だ。

道中、とある日本人の方と、お会いした。その方はオーストラリアのご主人とそのお子さんを連れ、途中のAashramへ向かうとか。その人自身15年くらい前にリシケシュやカシミールへ行ったことがあるらしく、非常に興味深いお話を賜れた。
久々に日本人と出会ったのもうれしかったが、そのくらい前からインドに来てた人と出会ったというのもまたうれしいこと。

そして、船上で今後のことについてもいろいろと考えていた。
デリーでの1週間をどう過ごすか・・・日本に帰国後何をしようか・・・今、自分が将来どういったことをしたいと思っているのか・・・まだまだ旅は続くのでじっくり考えていきたい。

さて、これからインド亜大陸の最南端、カンニャクマーリへと向かいます。
[PR]

by steeplechaser | 2006-09-29 14:19 | インドのこと  

ケーララより

昨日ジャイプルを出発し、昨晩はR教授の家でお世話になり、今朝6時出発。
午後1時過ぎ、ケーララ州都トリヴァンドラムに到着。

到着早々、あたり一面やしの木だらけでびっくり。ここはインドでも今まで知っていたインドじゃない。町中の看板もマラヤーラム語。もちろんさっぱり読めません。
そうか、普通のトレイニーはこういう環境で英語のみで生きてきたのね、といまさらになって気づいた。というわけで自分もHindiという武器なしでインド生活を送ります。
A先生のマラヤーラムとっておけばよかったかな。もう遅い。

そして宿を確保し、荷物整理してたら・・・MP3消失の事実に気づく。

一度飛行機の中でロンプラがどさっとかばんから落ちたあの時か・・・うーむ、やってしまった。たまにやらかすこんな失態。もちろん空港でも確認できず。要するに自分と向き合うのに音楽に頼るな、ていう神の啓示なんだと受け止めておこう。

そう、これから5日間は1人旅。幸先はよくないけど、そんなことにもめげずにエンジョイしてやりますとも。
[PR]

by steeplechaser | 2006-09-26 18:33 | インドのこと