<   2006年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

キターーーーー

って何が?サンプルのオーダーが!
価格表を送って待つこと10日近く、やっとの思いで受け取ったメールだった。が、返信しようと思った瞬間にネット回線途絶える…こら!こういうときにしっかりせい!と無理やり復旧させる(笑)。こういうとき大切なのは気合だ。
おかげで、ここ数日のフラストレーションも吹っ飛び、今日の仕事は快調。
まずはこの社に至誠を持って営業するのみである。とかいいつつも、実はこの社のHPをくまなくサーチして、ある事実に気づいた。在庫処理のオークションとクリアランスに追われていた今週はまず返信がこないであろう。クリアランスが終わる31日かその次の日の4月1日に連絡がくるかな…とか思っていたら、読みが的中。ボスは「もう一度メールしろ」といってきたが、ネット上の取引なんだからそう何度もしつこくメールしたら、顧客も逃げるっつーの。と素人ながらに思うところである。
しかしまあ、昨今、銀の値段が急騰していうようで、1oz当たり$8だったのが、$12になったらしい。その上昇率や50%!…絶対おかしい。そんなわけで、この先シルバージュエリーの先行きはあんまり明るくない。でも、どこも値上がりは必至であろう。
これでサンプルのあとにオーダーが来たら、新規顧客1号…となれるか?乞うご期待!
[PR]

by steeplechaser | 2006-03-31 21:59 | インターン  

New Drink

Caffechino
e0087905_1414098.jpg
"The kick of cola with
The kiss of coffee"

まったく不可思議な味です。興味がある人はペプシにコーヒーを混ぜて飲んで見てください。味の保障は一切いたしませんのであしからず。
一体誰がこんな組み合わせを考えたのでしょう?
[PR]

by steeplechaser | 2006-03-30 14:02 | インドのこと  

残業

昨日のお話
6時半過ぎ、そろそろメールチェックして帰り支度・・・と思ってたところにボス登場。
「今からRambhavさんが手紙持ってくるから、それ日本語に訳して日本にメールしろ」
「日本のバイヤーのリストを明日よこせ」
え?今から来るの?・・・としかたなく待つこと小1時間、Rambhavさんはしっかりとインド時間の定刻どおりにきた。そして、ボスと手紙について話すこと30分、ようやく手紙が私のところへきた。でも・・・翻訳以前に組織図みたいなのをどうやってメールに起こせっつーの!と。
そうして、8時半くらいまで翻訳作業をしていると、なんとか同僚が鍵を閉めるということで開放された。この時すでにボスたちはいない。あのね、お願いだからそういう仕事は暇な午後にちょうだいよ。ついでにバイヤーのリストのことくらい昼間にあった時に言ってくれれば・・・とかなり不機嫌に。
そして今日一度翻訳したはずの必要書類のリストのコピーを持ってこい、といわれた。え?ボス保管してないんすか?と思わずつっこみたくなった、がここはグッとこらえる。そんな程度でいちいち反論してたらこの先きりがない。
そう、これも1つの訓練なんだ。そうに違いない。と信じるより他ない。
[PR]

by steeplechaser | 2006-03-29 22:18 | インターン  

Monthly Report

e0087905_15324415.jpg早いもので、インドに来てから1ヶ月経過してしまった。曲りなりにも自分の仕事っていうものがわかってきた(つもり)。さて…この1ヶ月は何もかもが新しい経験で、激しい1ヶ月であった。そんな環境で生きてきて、自分というものがどう変わりつつあるのか、ちょうど仕事が暇なこの時期にちょっとだけ自分自身と向き合ってみたい。

レポートを見るにはここをクリック
[PR]

by steeplechaser | 2006-03-28 15:09 | インターン  

商売の駆け引き

ただ今、新規のバイヤーと交渉中。
この社はシルバージュエリーを中心にアクセサリーのネット販売をしているのだが、商品の購入の検討をしていて、70近く弊社のシルバージュエリーについて価格を質問してくださった。
んで、価格表を送ってから約10日…一向に返信がない。

うーむ…といろいろと考え、とりあえずこの社のHPに潜入。すると…
この社はどうやら個人経営の小規模なお店で、ただ今クリアランスセール中、とのこと。あ~きっと新商品の仕入れまで手が回ってないんだな、とか楽観視している。というのもあるが、「いける!」という感触があるのだ。掲示板を逐一チェックしていたら、価格表を送った翌日にちゃんとお店の人の記述で、
「ペリドットとブルートパーズの石を使ったアクセサリーを計画中」

これって…うちの製品のこと?
と逸る気持ちを抑え、今は次の手を考える。

サンプル発注後どのくらいの期間がかかるか?
銀の価格上昇にともなうシルバージュエリーの価格の確認、
関税や送料を含めた総額の見積もり、
と自分の知らない部分で質問したいことは多い。

ともあれ、こうして新規の顧客が開拓できたら嬉しいことこのうえなし。
[PR]

by steeplechaser | 2006-03-27 18:44 | インターン  

週末のこと

土曜日、いつものように仕事を終えて帰ってくると、家がオレンジ一色になっていた。そう、その日の夜はDutch Nightというオランダ人トレイニー主催のパーティーがうちのトレイニーハウスでおこなわれたのである。かれこれ30人は集まったであろう。5人もオランダ人トレイニーがいれば30人くらい集まるパーティーも催せる。
さてさて、インドでは珍しく大量のアルコールが登場し、トレイニーハウス対抗の「カクテル早飲みリレー」も開催。陸上部的表現を使えば「4継飲み」と称しておこう。うちのハウスはホームの利を生かして他を寄せ付けず圧勝(でもうちの部のほうが断然早い。)。そんなアホなパーティーでここ1ヶ月のパーティーでは一番たのしかった。
そんな宴の翌朝、landloadから「近隣から苦情があった」とかで、(主にテラスに人があつまっていたので…)今後この規模のパーティーがあるかは、疑問。でも中心となって奇声を上げたりしてたのはアイセッカーどもなんだけどね。
それはおいといて、日曜にはインドでプールを初体験。どっかの4つ星か5つ星のホテルで入れたのだが、そこは日々の喧騒とかけ離れた空間。たまにはそうしてゆっくりと時間をすごすのも悪くない。Rs150ってのは高いけど、インドで…と考えれば相場だろう。
ちょっと金をかければゆっくりとした食事もできるし、こういう贅沢気分にもなれる。それでも物価としてはえらく安いのがインドではあるが、日ごろの生活費と比べればやっぱり贅沢なんだよね。そこだけはやっぱり忘れてはいけない。

実は先週はラージャスターン祭だったみたいで、夜にライトアップされてる核名所を巡った。3月はお祭りの多いラージャスターンがお勧めかも。
そんなこんなでトレイニーたちと長い付き合いをした週末であった。そしてまたオフィスに缶詰の日々…こうして月日は流れていくのであろう。
[PR]

by steeplechaser | 2006-03-27 17:39 | インターン  

とあるブローカーとのやり取り(実録)

パソコンでいつものようにメールチェックをしている今日の午後…
仕入れ担当社員、返品の石を取り出してブローカーに渡す。ブローカーはその返品の量に驚く。

「なんでこんなに返品が多いんだ?」
「基準をクリアしていなかったから」
「そんなことないだろう?」
「しょうがないわね、見てみなさい」

デスクライトをつけてひとつひとつ石を見せる

「ほら、インクルージョン(不純物)があるでしょう?うちではこういうのはrejectするのよ。これも…ほらこれも」
「…でいくつクリアしたんだい?」
「10(個?)」
「それだけ!!??140は持ってきたのに…」



そんなシビアなチェックを経て日本へ発送されるのである。ちなみに通常は品質チェックのあとにサイズチェックもあるので、実際はさらに絞られるのである。
だからこその低価格・高品質。なんだかうちの社の宣伝みたいになってしまったなぁ。
[PR]

by steeplechaser | 2006-03-24 20:15 | インターン  

発送して…

2週間ちょっと前に日本支社からオーダーが来て、昨日発送したみたいだ。
とたんにみな仕事がなくなって暇になった。ブローカーたちの出入りもだいぶ減ったし…過去のインボイスを見るとだいたい月1のペースでオーダー→発送という流れのようだ。
うちの1ヶ月はこんなサイクルで流れてるのかな?だとしたら、自分が1日9時間もオフィスにいる意味って…とか最近考える。
翻訳係はメールやFaxの用事がないと仕事がないも同然なんだよなぁ、と。なんとかして仕事を見つけるなり何かしら勉強するなりしないと今のこの時間は確実に無駄な時間だな、こりゃ。
仕事人は暇がお嫌いなのである。
[PR]

by steeplechaser | 2006-03-24 16:19 | インターン  

奇病?

インドに来て、早3週間。
ここまで何事もなかったほうが不思議であったが、ようやく(?)くたばった。ついこないだケータイの番号を教えてもらったAに「まだまだすこぶる健康」とか電話口で言った10時間後にくたばるとは、人生先のことなんてわからんものだ。
昨日出勤前から、なんかおかしいなぁ…と思いつつフラフラのチャリで職場へ。社員さんから「きゃあふああ?」(どうした?)と聞かれ、顔色も悪かったらしく、「帰りなさい」と即帰宅。この日メールがなかったんで、別に仕事らしい仕事もないか、とこの時点ですでにフラフラ。なんとかチャリで家に帰り、すぐさま熱を測ると…38.5℃。

あーあ、とうとうやっちまったかぁ。

とりあえずその日一日はぐっすり眠ることに決定。果物をばばっと買いこみ、日本から持ってきたアクエリアスやらインスタントみそ汁を発動させて、一発バファリンを投与して夜まで眠る。が、それでも38℃のまま…う~む、といつもの半分くらいしか働かない頭で次なる手も思い浮かぶわけもなく、バファリン2発目を投与。なんとか今朝には平熱の35℃台に落ち着いてくれた。

しかし、下痢もなければ風邪っぽさもないだけに、この発熱はいささか奇妙である。さては「仕事したくない病」かな?
[PR]

by steeplechaser | 2006-03-22 16:34 | インターン  

Mathuraへ行く

わけあって、更新が遅れました(汗)
日曜日のやすみを利用して0泊3日の旅行にいってきました。MathuraはタージマハルのAgraに割と近く、ジャイプルからもバスで6時間くらいのところ。日曜日だけ休みの人がほとんどなので、土曜の夜に出発して、日曜の深夜か月曜の早朝にかえってくるこうした小旅行をすることが多い。先週は行かなかったけど、今回は何もしないのも…と行くことにした。うちのトレイニーハウスの3/5が木曜の夜から旅行に出ているので、残った2人+他のトレイニーハウスの住人2人の計4人。多すぎず少なすぎずといった人数だろう。

早朝4:30Mathuraに到着したものの…
[PR]

by steeplechaser | 2006-03-22 16:04 | インドのこと