<   2006年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

だからさぁ、もう…

俺の知らない領域に質問しないでください!

とあるボスの知り合いからのメール

本日、「ボス」と御会いし、いろいろとお話をさせていただきました。フレコン袋の試験成績表について伺ったところ、steeplechaserさんに聞いてください、とのことでしたのですが、届いておりますでしょうか?
もしまだでしたら、大体の見込みをお教えください。

WHAT!!!!!?????

俺に聞け!!??

俺なんも知らんよ。だいたいボスがどこに委託したかも、この成績表がどこから来るのかも知らんし…フィードバックなしになんもできませんよ。
という主旨のメールをボスにした。

もちろん他の社員に聞いたが、このことについて露知らず。
ついでながら、○○さんに電話して大至急送ってもらえ、というメールが来たのだが、社員さんその人の電話番号知らず。
たまたまボスのケータイのリストを作ってたからそこから探しあてたけど…もしそれなかったらどうするつもりだったのかね…

今は経理のdeendayaljiとボスとの間でやり取りがなされている、そしてきっと突如自分に仕事が降りてくるんだろうなぁ、と予測。
なので最近の情報源は、経理のdeendayaljiとボスとのメールのやり取りの盗み見と電話の盗み聞きだけ。汗
そうでもしないと状況がさっぱりなので…

こういうことがしばしば起こる社内なのである。ふぅ
[PR]

by steeplechaser | 2006-06-30 21:21 | インターン  

前半戦ハイライト

さてさて、インドに来て早4ヶ月経過。インターン生活も折り返しである。
せっかくなので、今月でなく前半戦の4ヶ月をふりかえってみようかと…
最初に断っておきますが超長文ですので時間がある時に読んでください。笑

というわけで、中間報告
[PR]

by steeplechaser | 2006-06-29 21:13 | インターン  

激しい週末

気がつけば更新も1週間していなかった。
決して何かあったわけではないのであしからず。

木曜から今日までずっとオーダーの準備に追われ、日々1000、2000ピース近い量の石をサイズチェック
うちの社員もしきりに「urgent」を連発しているのでよほど急ぎなのだろう。なので明日も続行とか… もっと早くオーダーくれればいいのに、と思うのだがその辺の受注システムが未だに理解できない。

土曜日:仕事後インドをバイクで旅していたTと再会。
キングフィッシャーで乾杯しつつお互いの2ヶ月間の話で盛り上がる。自分がジャイプルで変わりなく働いている間に、Tもずいぶん激しい体験をしたようだ。

日曜日:ほかのトレイニーたちとプシュカルへ
プシュカルはジャイプルからバスで4時間弱で行けるところ。一応聖地らしいが、そういう場所にはたいてい性質の悪い商人とか客引きがいるわけで…
が、そこはけっこー買い物にいい場所ということで有名らしい。帰国直前のLidiaは買い込む気満々。自分らは大してその気もないので、適当にフラフラとしていた。

一応、義理立ての如く寺院を訪れ、ガートで説法を受けた。
寄付だかなんだか知らんが、寄付と称してRs.300とかRs500とか要求してきて、挙句の果てに「$50寄付する人もいるんだ。」金額を請求するやつからご利益などないわ。と50だけやってさっさとおさらば。
んで、そのガートで待ち合わせをしてたら、インドの若者10人くらいにからまれた。集団相手にケンカはごめんだなぁ…とバカバカしい口論もそこそこにガートを後に。

あんまりプシュカルでましな記憶がなかった。

んで、ジャイプルに戻ったのち、その足でオランダvsポルトガル戦を観に…行こうとしたリクシャーで一悶着。 腕を掴んで離さないリクシャーワーラーに関節技を極めそうになった。あぶないあぶない。汗

試合のほうは、ニュースの通り荒れまくり。イエロー出すぎで、たびたび乱闘寸前の一食触発状態で見てられなかった。ポルトガルも次のラウンドで苦戦必至である。

そんな激しい週末を過ごしていたわけで…気がつけば4ヶ月経過。相変わらず日々格闘です。
あ、月間レポート書かないと。汗
[PR]

by steeplechaser | 2006-06-27 20:17 | インドのこと  

とある日常

昨晩寝ていたときのこと、自分の「円」の範囲内に気配を…というかボトッという音がして、目を覚ますと暗い部屋の中でベッドの上にいる黒い「あれ」を発見。サンダルで文字通り秒殺。そういえばこいつとの遭遇はインドで初めてか2回目かも。我が家においてはねずみさんのほうがよく出会うなぁ。

おとといの通勤中のこと、自分に向かってspitしてきた輩に軽くキレた。自分に当たったら間違いなくよろけたふりして轢いてやったな。

先日Yシャツの背中が破れてたのに気づいた…洗濯で固く絞りすぎたんかな?いやいや、そんなパワーはないし…謎。とにかくシャツが少ないと困るので昨日新たにシャツを購入。
2枚でRs.500也。

今日部活のHPを見てたら「練習日誌」で自分のネタが出てた。
まぁ確かに去年「夏に走りこむんだ」と散々言ってたしなぁ…ついでながらO型が言っていたらしい「気持ち悪いくらいの強さ」ってのも、そうした泥臭い下積みから生まれるんじゃないかってね。
その持論は撤回しません。

仕事もそう。今のこうした泥臭い下積みを経て、次の段階へ進めるんじゃないか、と。
そこんとこ長距離と共通するものを感じるのである。
こんなくだらないことしかネタがない平常な(?)日々であります。
[PR]

by steeplechaser | 2006-06-21 21:59 | weblog  

副業(?)

といっていいのだろうか、昨日とある新聞社へ翻訳のバイトをしに行ってきた。そのために1日休暇をもらう俺。いったいなんのための休暇だ、まったく・・・

事の発端はアイセッカーが、新聞社から依頼され、俺含めた日本人トレイニーに要請してきたこと。アイセッカーの連中も俺が月から土までフルに働いているのを知ってるくせに・・・とこいつらは一種の派遣業者みたいなことをしていやがる。

んで、とりあえず約束の時間にアイセッカーの奴は1時間ほど遅れながらも新聞社に到着。もはや1時間程度の遅れなど慣れた。んで、そこの偉い人と会い、翻訳の詳細を聞いたのだが・・・
「1日のうちで3、4時間ほど来れないか?」
という問いに閉口。あのねぇ、俺は別の企業で働いてるんだぞ、と。それは物理的に無理と丁重にお断り。でもまぁ、その日はせっかく足を運んだので、ちょっととっかかることになった。
しかし、ここでも悲しい事実。
日本語のフォントが入ってない&入力設定ゼロ。んで、俺にまずそれの設定をさせることから始まった。おいおいおい、そういうのって予め準備できるだろうが・・・インドで仕事に関わると、こういうことに出くわすことがしょっちゅう。JJでもしょっちゅうだし、別にここに限った話ではない。

そして俺は確信した。
こいつらに計画性はない!

そんなわけで、ろくに翻訳もせずにPCの設定で終わってしまった。こんなことじゃバイト代もらう価値もないわ。と自分がそこへ行った意味がほとんどなかったことを悟る。

それはともかくせっかく早く帰れたので、日本の連中に電話しよう、と試合後の人々へ電話してみた。昨日はけっこうベスト出した人がいたようで何より。そんでもっていろいろな人と久々の会話。それはそれで生の声が聞けておもしろい。でも自分がそういう世界からすっかり隔絶された世界にいるんだなぁ。


日曜日
日本・クロアチア戦の前にトレイニー・アイセッカーのマッチがあった。
約4ヶ月ぶりのまともな運動とあって、自分の体力の衰えを感じずにはいられず。足攣ったりしなかったのは救いだ。
結果は…トレイニーの圧勝。 そりゃインド人対世界選抜だし(笑)。
その後、クロアチア戦で引き分けを見届け、ブラジル・オーストラリア戦も観戦。
まだまだ可能性が残されているので、22日は日本を必死こいて応援するっきゃない。

今日は筋肉痛を引きずっております。
[PR]

by steeplechaser | 2006-06-19 18:53 | インターン  

土壇場で…

ボスに結局19か20日かどっちに日本に行くのか聞いたら…

「今回は私1人で行って6月中に帰ってきて…それで7月に改めて…」

え?今回は俺行かないの?
あそう…
やれやれ、まさかとは思ったが危惧していた通り帰国が先延ばしになりました。つーか、もうこのままインドにステイでも俺は構わんわ。
帰国準備もロクにしてなかったので、別にたいした影響はないんだがね。もっと早くそういうことを教えてくんないかなぁ…
というわけで、もうしばらくインドでの生活をエンジョイ(?)します。
[PR]

by steeplechaser | 2006-06-14 19:23 | インターン  

インドにてW杯を堪能す

月曜日の晩はブラックハウスで3試合立て続けに観戦してますた。
日豪戦も後半ばっちり観戦。結果的に終盤で立て続けに取られたけど、後半の途中から冷や冷やする場面が多かったのもあったし、終盤誰もが疲弊してた印象を受けたからなぁ。実況でも終盤はexhaustという声が何度も聞こえたし…
その後のチェコ・アメリカ戦やイタリア・ガーナ戦は見ていて面白かった。イタリアサッカーも大いにゆれてるけど、代表チームには是非がんばってもらいたい。

昨日もブラジル・クロアチア戦をどっかのカフェで集まって見てました…インドでもトレイニー間ではW杯の熱が盛んです。
肝心の試合のほうは…スピーディな展開で息つく暇もなかった。
んで、この2チームと日本は対戦しなきゃなんないだよなぁ。
[PR]

by steeplechaser | 2006-06-14 14:38 | weblog  

W杯開幕!

インドで見られないと思っていたワールドカップ。
昨日2試合ばっちり見ました。ブラックハウスでも見られたけど、その日は西へ2,30kmほど行ったところにある、The Farmというパーティー会場(Rs.350はちょっと痛いが…)の大スクリーンでしっかり堪能。ドイツから来ているトレイニーも多いので、なかなかの盛り上がりですた。
特にドイツの4点目のロングシュートは美しかった。あんなアウトフロントの回転は止めようがないなぁ。
と、そんな隔絶された空間でのパーティーは3時前くらいまで続き、帰宅したのは4時過ぎ。

次の日もしっかり7時まで仕事してたので、ややお疲れ。

なわけで、今日は休養日。
せっかくなので、髪をバッサリと切ってしまいました。
[PR]

by steeplechaser | 2006-06-11 17:47 | weblog  

mission start

昨日ボスにとある企画案を出したら即Goサインが出た。「昨日のをヒントに思いついた」フリをしたのだが、実は脳内では1ヶ月ほど時間をかけてとある作戦が着々と構築されていたのである。

それは
「日系商社アプローチ作戦」
つまりはデリーやムンバイにある日系企業をターゲットに営業を展開する、というもの。日本の立場からすると、現地のサプライヤーという取引の相手側に相当するので、狙いは十分。
正直色石やジュエリーでは営業しにくいなぁ、と思っていたところに塩の話が舞い込んできて、そういやYAMATOYA(デリーにある日本食材店)にも岩塩がおいてあったっけな…と思い出したので、実行に移すことに。

ともあれ、デリーにいる人やほかのちょっとしたコネから活路を見出せれば、…インドには商社もけっこう進出しているし、その中の数社くらい塩とかを安く手に入れたいところはあるに違いない。と根拠のない自信がその妄想を確固たるものにしている。
このミッションを在印中にぜひとも完遂したい。それが最終的にインドで何を成したかという問いへの答えになれば、感無量のことこの上ない。
[PR]

by steeplechaser | 2006-06-07 20:07 | インターン  

仕事観のずれ

昨日のこと
このホテルに某商社の人が泊まってるらしいから、その人の部屋に取り次いでもらって、うちの社長がミーティングをしたい、とセッティングをしろ。

なんたること。日本人相手にそんなドッキリみたいな営業できるか!

という気持ちを抑えつつ、そこへ電話。が、外出のようでつながらず。内心ホッとした。しかし、ボスもどこからそんな情報を仕入れたのか不明。商社名とその人が塩に関わっていることだけわかっているのに、肝心のその人の名前がわからない…謎は深まるばかり。

しかし、これは温め続けたミッションを提案するチャンス。昨日のそれをヒントにこんなビジネスを展開できないか?という提案をボスにしてみよう。
そのミッションとは…長いので次回にまわします。

余談ながら…
電話での会話の相違点
…インド人からの電話の場合、かけたら即「○○を出して」と用件に入る。なので、日本みたいにまず名乗って相手を確認して…というのでは逆に良くない。とのこと。もっとも、言われてから「どちら様?」と聞く事が多いが。
ついでながらインド人はHindiも英語も早口。電話でも例外なく早い。なので、早くいわないと逆にわかってもらえないとか…私のHindiもまだゆっくりらしい。
インド人のこの感覚が未だにつかめん。
[PR]

by steeplechaser | 2006-06-06 22:54 | インターン