<   2006年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

この1年は…

本当に激動の一年であった。きっとこれ以上に過酷な年はそうはないだろう。

1月にフルマラソンを走り(3時間12分55秒)、
2月の末にインドへと旅立ち、4ヵ月半のインド生活。
最初は日本人ゼロという環境で苦しみながらもだんだんと弾けていく自分。ワールドカップも思いっきりヨーロッパのトレイニーたちと楽しんでた。
7月中旬に日本出張で一時帰国。
まさか、そこから3週間自分1人で仕事をする羽目に会うとは思わなかった。そんな状況下でその会社では10月まで(インターン予定期間)つくことはもうできない、とボスと数日間にわたって議論を重ね、その会社でのインターンを途中ながら日本で終了。インド人とはいえ、上司とこれほどまでに本音をぶつけまくって議論をすることはそうそうないと思う。でも英語でこれほどまでにぶつけられるようになった自分にも驚きだ。

また8月にインドに戻り、両親がインドに訪れた。その後NGOで先生もどきの仕事にありつく。同居人の職場についていっていきなり校長先生に「私Hindiできますから何か仕事はありませんか?」と職を求める自分。この辺の「なんとかなるさ」理論がだいぶ幅を利かせてくれるようになったものだ。日本にいたままの自分では考えられない。
9月下旬から南インドの旅に出て、1人物思いにふける時間をたっぷりと持ち、10月中旬に帰国。

思えばインドでの生活が半分ちょっとを占めたこの1年だ。

そして帰国して2ヵ月半経過。今はゆるりと就活をはじめつつのんびりとランナーに戻りつつあるところ。
インドで何が変わったと具体的に言うことは難しいが、去年の今頃と比べると生き方に余裕が生まれているような気がする。

さて、来年は就活が本番を迎えるが、それ以上に学生生活をエンジョイできる年にしたいものだ。そんな来年の目標は…
「自分の幸せ探し」ってことにしましょうか。いろいろな意味でね。

それではみなさんよいお年を
[PR]

by steeplechaser | 2006-12-31 11:26 | weblog  

強化錬中

menu
昨日:12000mペース走(4'→3'55"/km)
今日:600m×10(200mjog)

1'58"8-(65")
-2'01"0-(68")
-2'02"1-(80")
-2'01"8-(87")
-2'01"8-(93")
-2'03"0-(98")
-2'02"8-(95")
-2'03"5-(102")
-2'03"4-(94")
-1'53"2

昨日から強化錬なるものが始まっております。4年生にもなってまたこれか…と日々ぶつくさ言いつつも最近は徐々に走れるカラダに近づきつつあるので、なんとかやれてしまうわけです、はい。 一頃のペースからは程遠いとして、それでも一定のペースの型にはめる技術というものはそう簡単には衰えないらしい。今日も600mも2'00~05"くらいで最後まで安定して運べた。まぁ途中1年生を完走させるために20秒くらい余計に休んだおかげでもあるんだけど…
あとは基礎的な走力を戻して設定タイムを上げていくのみ。

体脂肪計に乗ってみたら、体重は変わってないのにインドでピーク時の2倍近くになった体脂肪率を、この2ヶ月で6%削減することに成功。でも体重も落としたいのだが…それはガンガン走れるようになってからの話。 やはり、一番有効な減量は「走る」ことに尽きる。食事制限もしたらもっと劇的に落ちてくれるんだろうね。でもそこまで一気にやるときついのでまずはキロ4で20kmいけるようにしていくことから。

地道が一番の近道だってことは百の承知。
府中駅伝まで7週間くらいだろうか、きっとそのころにはもっとまともな走りになっていることを夢見て、今はただひた走るのみ。
[PR]

by steeplechaser | 2006-12-22 00:42 | りくじょ  

ほれたね

今日は某商社I社のセミナー。

2時寝の7時起きで眠いけど、電車代もけっこうきついけど、今日のは一番聞いてて血が騒いだ。
つまるところ…惚れたのかも。笑
いや否定しないっす。でもそれくらいこういう世界で仕事をしてみたいと思ってしまうわけでありまして、はい。

この社の強み(?)は、チャレンジ精神。ほかの社よりも若手への権限委譲が盛んのようだ。入社3年以内に海外新人派遣という制度もあるようだし、その気になれば駐在員にもすぐ(10年以内には)なれるとか。

中でも、一番印象に残ったのがこれ、
「就活は自分自身を見つめなおす絶好のチャンス」
はよく聞くのでいいとして、

「就活は【自分】という商品の売買」
=自分のSpecialityを売り込むこと

本人も商売人的発想と冗談を言いながら話していたが、これは久々にキタ。そうだよ、人と違う何かを有していることを武器にしていかないと…
こういう出会いがあると俄然やる気が出てくるんだなぁ。
自分の第一志望に狂いはないと確信。


余談ながら、今日の新聞記事でちょっとおもろい話があった。
インドにもコンビニができる日が近いかも…頻発する停電や輸送ルートのようなインフラのハンデをどう乗り越えるかが鍵となるだろなぁ。

http://osaka.yomiuri.co.jp/eco_news/20061217ke02.htm

Reliance社もいいとこに目をつけたな。
商社だって物流ルートの確保とか食糧保管とかいろいろと投資できる分野なんじゃないかな、と勝手に妄想中。訪日中のシン首相がどんな経済協定を確約するかが今後注目だろう、とちょっとマジメぶってみた。

インドを舞台に野望は尽きない
[PR]

by steeplechaser | 2006-12-18 02:59 | しゅうかつ  

商社に傾きつつ…

今日は貿易業のT社へ。インドのトレイニー仲間の1人がここの内定者ってことで、どんなものかなぁ?と興味津々。少なくとも昨日のE社よりは格段によさそうな感じだ。
まず…社長がおもろい人。
んで…やはり「貿易業」っておもしろそう。
それと…怪しくなさそう。笑

それくらい昨日のとこは怪しい匂いがぷんぷんしたんです。これ以上は書かないことにしましょう。

それはさておき、今日帰りの電車でずっと考えていたのだが、自分は同じ商社でも大企業を狙っていくのか、それともここみたいな中小でも伸びそうなところなのか、はたまたベンチャー企業なのか…

これもまた難しい問題だ。
でも1つだけ譲りたくないことがある。それは、

自分の能力をフルに生かせる環境。

それは「大企業で歯車の一部にされるから嫌」
…っていう意味じゃない。
そんなのはただの言い訳。自分が代えの利かないくらいの「精巧な歯車」になってでも活躍することは不可能じゃないでしょう?

つまるところ、
どんな状況でも自分の能力を生かして新たな挑戦ができるか?ということだ。適性診断ではわりと保守タイプととられているけど、こう見えてけっこう野心家だったりする。

たとえば今日行ったところだったら、新たな輸入食品の開発・開拓の最前線にたつ。インドでもアフリカでもどこへでも「いける!」という商品を捜し求めて飛んでいく。とかね。とくにインドの食品はまだまだ日本に知られていない良品があると私は確信してやまない。
トップダウンじゃなくてボトムアップの…そんな雰囲気の会社を見極めていきたいところだ。

なんてちょっとマジメに書いてしまった。こんなことしてくくらいだったらTOEICの勉強しなきゃ。インドのヒンディー混じりの英語は…やっぱりダメですよね。
今晩ちょっとだけ抵抗してみます。
[PR]

by steeplechaser | 2006-12-16 01:32 | しゅうかつ  

中長の集い

menu
火曜:60'jog
水曜:フットサル?

本当はラグビー部とのサッカー大会だったのだけれども、グランド使用の関係で敢え無く延期(だよね?)。しょうがないので、空きスペースで中長の人間だけでミニゲームやらなんやらとボール蹴っておりました。

そしてそのままの勢いで、養老で久々に追い込んだ。
メンツは自分、O型、S田氏、主将の4人。こうやって普通に飲みに行くのは専ら中長のメンツになってしまった。今回は主将がいてくれて嬉しい限り。そうでないとどんどん距離が生まれてしまうしね。そう、ここのところ中長が孤立気味なんじゃないかなぁ…という危惧もあり、実際のところどうなんだろうか、というマジメな話からどーでもいい話まで熱いトークだった。でもこういう本音トークができるのはいいことだろう。
そして、うちらが1,2年生だったころの苦労話とかもめた話まで思い出しては、「あの頃は…」と懐かしむ。自分らも年を取ったものだなぁ…

短距離と中長はなかなか相容れない部分もあるかもしれないが、どうか溝ができないようにうまく間を取り持っていきたいものだ。4年生、5年生が部活に出る意義はそこにもあるのかな、とS田氏を見ても思うところ。

その後中長女子の集いと(無理矢理)合流し、1時くらいまでわらわら。泊まる予定じゃなかったんだけど、終電を早くになくしたので、気合で5時半に起きて早朝帰宅。O型は…きっと今頃目覚めたことであろう。彼に出会ったら昨晩どれだけ記憶が残っているか聞いて見るといいでしょう。

さて、今日から4日間都心通いです。ふぅ
今日:E社とお見合い
明日:T社セミナー
明後日:TOEIC→トレイニーディナー
日曜日:I社セミナー

これさえ終われば、年内の就活はおしまい!あとは年明けにまわしちゃえい。
[PR]

by steeplechaser | 2006-12-14 22:19 | りくじょ  

毎ナビEXPO

家から電車を乗り継ぐこと2時間強、東京ビックサイトまでわざわざ行き、「毎ナビEXPO」という名の就活イベントに行ってきた。

午前11時過ぎ、国際展示場駅周辺はリクルートスーツ姿の若者でごった返していてちょっと異様な光景。よくもまぁこれだけの「3年生」が集まったものだこと。5年目を約束された4年生は…きっとあんまりいないんだろな。汗

と、とりあえず目に付いたところや、人がわらわら集まっているブースを当たったりして、回った企業は適当にかれこれ9社くらい…正直どこがどうだったかいまいち記憶にございません。でもちょっとHPを覗くくらいはしておこうかな、っていうところをいくつか見つけられたのでまぁいいか。

数社くらい「求める人材像」のことにも触れていたけど、おもしろいことにどこも大差ないことしか言ってない。
・社会では学歴ではなく人間力が必要
・失敗を恐れない行動力
・将来を見抜く洞察力
・コミュニケーション力
なわけで、そこに関してはメモを取る必要なし。

説明会が2月くらいから始まり、選考は3月4月あたりからのようだ。やっぱりそのあたりがピークらしい。そんな時期に立川ハーフ(3/11)に出ようとしている自分は、勇敢?いや無謀?

でもこういうネタも個人的には受けると思う。
面接官「サークルは陸上競技部と書いてますが…」
自分「はい、昨日も立川ハーフに出場してきました。」

そう思うのは、根っからの体育会系だけかも。笑
[PR]

by steeplechaser | 2006-12-12 00:27 | しゅうかつ  

筋違えども

水曜日の「大股歩き」でどうやらハム筋をだいぶ傷めたみたい。それでもjogをする私は…

昨日:60'jog
今日:ロードレース5km伴走

冷たい雨の中でやる気を削がれるもののゆっくりのjogへと走り出した。最初の30分くらいはエンジンがかからなくて少々難儀。この痛み思ったよりも重症だったみたい。
ハムは痛いけど、少しずつ動かさないとそのまま固まってしまいそうなので、ここはガマンガマン。

部活後、半年以上放置していた愛車の鍵を破壊、ちょっと手入れをして大学周辺の「足」を復活させ、調布へ。
調布にて、お隣D2の陸上部と合同飲み会。うちからは自分と2年生たち5人、D2のほうは2,3年生と245。同年代の245がいてくれてよかった…
飲み会の様相はまた別の機会に。ただ久しぶりに「面白い」飲み会であったことだけお伝えすることにしましょう。
2次会は、某関カレ選手のお宅にて。ふらふら帰ったと思ったお方がここでも活躍しておりました。その活躍ぶりはうちの2年生の目にも焼きついたことでしょう。笑

翌朝、7時過ぎに出発。
近所の養護学校の伴走で多摩川沿いを走ってきました。昨日とは打って変わっての好天で景色も抜群。やはり長い距離をやるときはここに限りますね。来月あたり20kmとかできるといいなぁ、と思いながら伴走。たまにはこういう地域社会とのふれあいもいいものだ、と実感。

ハムの傷みは…昨日よりまし。でもしばらくはテーピングしてます。そこまでして走る意義とは…を自問自答中。
[PR]

by steeplechaser | 2006-12-10 18:38 | りくじょ  

80秒の苦闘

更新さぼってました。
mixiではくだらないネタばかりだったのだけど…こっちはりくじょ就活ネタに限定ということで。

メニュー:400m×15(200mjog)
が、12本でリタイア…

時計をがっこに置き忘れたので、ざっとレビュー。

序盤から無理せず78"~80"の範囲をキープ。それでも徐々にダメージが足にきて、10本目あたりで右ふくらはぎに違和感。12本までやってみたけど、それ以上はやばいだろうなぁ…とおとなしくリタイア。まだまだ無理できるカラダではない。
収穫はタイムのばらつきを抑えることができたことか。設定タイムの型にはめるのは一種の技術ともいえるかも。

間のjogも100m戻って折り返しの往復だったので、リズムが狂うものの、とりあえず75"くらいではカバーしていたか。でもやはりインターバルは流れの中でやりたいので、そのまま半周jogのほうがやりやすい。この辺は要検討。しかし、78"程度で根をあげるレベルなので根本的に走れていないのが現実であり、やはりまだまだjogを積んでいかないとまともに走れないのを再認識。せめてキロ4で15kmくらいはいけるようにせんとなぁ…話にならん。

部活後S田氏とちょっと「よりみち」して帰宅。こうして「よりみち」する相手もがくんと減ったと思うとちょっと悲しい。
[PR]

by steeplechaser | 2006-12-07 00:46 | りくじょ